催淫剤と精力剤の違いとは

同じ性欲促進をするものには催淫剤と精力剤があります。しかしこの2つは全く別ものなのです。とはいえ、催淫剤も精力剤も広い意味では媚薬とされています。催淫剤は女性の快感アップや女性のホルモン分泌を加速し、性欲促進をすることができます。またセックスの最中に興奮をもたらすものとしても知られています。催淫剤を使うことで相手に恋をしてしまうことが多いといわれ、惚れ薬とも呼ばれることがあります。一方で精力剤は男性であればEDや早漏、遅漏、性欲減退などの男性機能の改善をはかり、女性であれば不感症、冷感症、性欲欠乏などに効果的です。どちらも性欲促進のために用いるものではありますが、催淫剤がどちらかといえば快感に重きをおいたものであるのに対して、精力剤は性機能そのものを改善するために使われるものであると考えておくとわかりやすいでしょう。倦怠期に入ってしまったカップルであれば催淫剤を使って気持ちを盛り上げることで仲を深めるのも良いのではないでしょうか。精力剤は女性用もありますが、よく聞くのは男性用で、やはりEDなどの男性機能の改善をのぞむ方が使うことが多いです。

様々な商品が出ていますが、どちらを利用するにしても偽物を購入しないように信頼できるお店で購入する必要があります。また体調にあわないということも有り得ますから、あまりに症状がひどいようであれば病院へ行くなどして治療を受けたほうが良いです。価格は催淫剤は安いものですと2000円から3000円ほどでありますのでそれほど手に入れにくいものではありません。精力剤の場合はピンからキリまであり、安いものですと1000円代からありますが、高価なものですと1万円を超す場合もあります。

性欲促進のための媚薬も精力剤の一種なのか

性欲促進のために使用するものは様々ありますが、一般的に認知されているものでは媚薬や精力剤があります。
それぞれ目的は同じですが、使用する際にはある程度の知識を持つことで活用方法の幅が広がります。
媚薬は催淫剤の一種としても扱われますが、性欲を高めたり恋愛感情を高めたりする効果があるとされています。
精力剤や強壮剤も媚薬の一種とされていますが、媚薬は主に性欲を改善するために用いられ、催淫剤は性的な感度を高める効果があります。
精力剤は主に更年期を過ぎた男性の性機能を高めるために用いられますが、医薬品やサプリメントなど商品展開が幅広いのも特徴となります。
性欲促進のために用いられているため目的としては同じ意味合いがありますが、機能的な面では異なることも多いと言えます。
精力剤は性機能の向上が目的ですから、男性であれば血流の停滞を解消しペニスに集まる血流を促進する効果があります。
媚薬は性的な興奮を高めるためるのが主な効果となりますので、感覚に左右されやすく人によっては効果を感じられない場合もあります。
性欲促進の薬として使用すれば効果を発揮できることもありますので、プラセボ効果など実際には効果のないものが大きな効果を発揮できる場合もあります。
それぞれ男女とも使用できるものですが、一般に媚薬は女性が使用し精力剤は男性が使用するものとしてのイメージがあると言えます。
精力剤には医薬品やサプリメント様々ありますが、滋養強壮や精力増進、疲労改善など効能に関しても商品によって異なりますが、効果の程は定かではない商品もあります。
機能的な面や効果を発揮する仕組みに違いはありますが、共に性欲促進のために使用されているものとなります。