性欲減退とED予防をしたいなら亜鉛不足を解消しよう

大病や大怪我に遭遇すると、男性の性欲は実質的に無くなります。
生存本能が優先され、体の自然治癒にエネルギーを充てますので、生殖に対する欲求は薄れ、睡眠欲などの動物的な欲望が先に湧き上がります。
また瀕死に近い状態では体が休息を最優先事項にするため、食欲や性欲はゼロとなり、ひたすら睡眠や休息を求める心身状態へと変化します。

人体には不思議な自然治癒力が備わっており、必要に応じて性欲を始めとした一般的な欲望は上下します。
ただ、大怪我や大病に遭遇しなくても、性欲が極端に無くなる事があります。
その原因として考えられるのが、亜鉛不足です。
亜鉛こそ男性の性欲を司る大事栄養素であり、日常的な摂取不足が続くと、味覚が鈍る、頭髪や肌ツヤが悪くなる等の身体的不調に加え、性欲減退が発生します。

亜鉛は新鮮な魚や貝類に含まれており、インスタントな食事にはほとんど配合されていません。
そのため、外食やコンビニ食が多い独身男性は、自然と亜鉛不足に悩まされます。
特に不摂生な暮らしになりやすい20代から40代の働き盛りの男性こそ、予防が必要です。
若いからED予防なんて大丈夫、という甘い考え方が最も危険になります。

また精液の減量であるたんぱく質、男性ホルモンや成長ホルモンの元となるアルギニンなどもED予防に役立ちます。
たんぱく質は豆腐や穀物類、アルギニンは肉類に多く配合されています。
自炊すれば、安価なコストでED予防が進められますが、なかなか独身男性にとって料理は敷居が高いはずです。

そんな時は性欲増進に役立つサプリメントや栄養ドリンク、エナジードリンクでフォローする手があります。
ダイレクトに男性の性欲アップに繋がるわけではありませんが、そういった製品には亜鉛や高麗ニンジンエキス、アルギニンなどの成分が豊富に含まれており、夜の活動に必須なエネルギーが効果的に補給出来ます。