性欲の減少は男性更年期障害が原因?対策と効果は?

更年期障害は女性特有の病気と思っている人が多いですが、男性更年期障害という病気も近年注目されてきています。男性更年期障害の原因は、テストステロンという男性ホルモンの低下が関係しています。テストステロンは20代をピークに、年齢とともに減少していきます。テストステロンが減少すると性欲が減少しますが、実はそれだけではありません。

テストステロンは、筋肉や骨を大きくし、「男らしさ」を形成するために必要です。また、ネガティブな感情がわくのをおさえる働きもあります。そのため、テストステロンが減少すると、筋力の低下や、それにともなう疲労感、ネガティブな感情をおさえられないことによるイライラや不安、精神的な疲労などの原因になります。

疲れやすくなった、眠れない、倦怠感、性欲がなくなった、尿の頻度が増したといった症状が現れたら、男性更年期障害かもしれません。

男性更年期障害は、放っておくと、肥満、骨粗しょう症、うつ病、メタボリックシンドローム、糖尿病、高血圧といった様々な病気につながっていくので、早期発見をして、早期治療を行なうことが大切です。

性欲の減退には、バイアグラなどのED治療薬が効果的ですが、ED治療薬は勃起を維持するという効果があるだけであって、性欲を回復させる薬ではありません。そのため、そもそも性欲がなくなっている場合にはバイアグラを飲んでも効果は期待できません。

男性更年期障害かもしれないと思ったら、病院を受診するのが一番です。自分でできる予防策としては、ウォーキングやランニング、ストレッチなど、適度な運動をすること、ストレスを溜めないようにすること、規則正しい生活を送ることなどが効果的です。